常に最新の「知識」を吸収!
裏付けのある治療を行います

歯医者というと、「手先が器用かどうか?」「この道○十年」といった、技術や経験の長さが注目されがちです。確かに、手先は器用に越したことはありません。Drも人間ですので、経験が浅い時には、若さ故の不安もあります。しかし、どんなに経験があっても、知識がなければ、「今回はうまく出来た。が、次は分からない・・・」という治療になってしまいます。

医学は知識です。どんなに手先が器用でも、知らなければ何もできません。「実践なき知識は無力ですが、知識無き実践は暴力」です。

1人の人間が自分で考えて、正しいと思う治療をしても、本当に正しい治療なのか、判断するには限界があります。常に自分が行っている治療に対して他者から評価を受け、他の専門医の見識、論文の知識を取り入れないと、「本当に正しい治療」「長持ちする治療」はできません。「世界中の誰が行っても同じ結果になる治療=科学的な治療」を行う為に、当院では日本だけではなく、世界中のDr.が集まるアメリカの学会に常に参加し、世界トップクラスのDr.と交流を持ち、間違いの無い知識を取り入れております。

 
 

科学的なエビデンス(根拠)に基いた医療を行うために

歯科の世界には100年にも及ぶ歴史があり、計り知れない数の専門家が携わってきました。「うまくいった例」も「残念ながら、うまくいかなかった例」も検証し、その結果を専門家が論文として発表してきました。論文に書かれているのは科学的根拠があります。

しかも論文が世に出れば、他の専門家たちも「本当にそうだろうか?」とチェックします。少しでも信ぴょう性に欠ける論文は、生き残れません。逆を言えば、「生き残っている論文に書かれている治療法は、無数の専門家たちのチェックをくぐり抜けた、科学的に正しい治療法」と言えるのです。
 
 
 
 
 

最新の情報や医療技術に追いつく努力は惜しみません

院長は、歯科医師の卒後研修団体で、米国・ボストンのIADSの姉妹組織である「JIADS(ジアズ)スタディクラブ」に所属。月に数回開かれる勉強会で、最新の知識を吸収しています。また、その他の国内、海外の学会や勉強会にも参加。常に裏付けのある、科学的に正しい治療法を提供しています。