最先端の シミュレーションシステム

インプラントトラブルのもとは埋める位置

日本顎顔面インプラント学会が行った『インプラント手術関連の重篤な医療トラブルの種類・件数』の調査によると、最も多いのが神経損傷で37.5%、次に多いのが上顎洞(副鼻腔とよばれる上顎の中の空洞のひとつ)への悪影響です

インプラント手術関連の重篤な医療トラブルの種類・件数

なぜこのようなトラブルが起こるのでしょうか?
原因は、術前の診断不足にあります。

インプラント治療が一般的に広まり、より簡単に行う事ができるようになりました。そのため、CT撮影も行わずにレントゲンだけに頼った安易な診査で『一発勝負』で行った結果、様々なトラブルがでるようになりました。
もちろんうまくいく時もあるでしょう。しかし『賭け』のような治療は恐ろしいですよね。

例えて言うなら、飛行機を操縦するのに、機体の構造も知らない、点検もしていない、航路も調べていない。
わかっているのは、目的地と自動操縦の方法だけ。事故が起こる確率が高くなるのは言うまでもありません。

インプラント治療を安全・確実に行うには、手術前にCT撮影による診査と診断が非常に重要です。

歯科医師はパイロット

当院では最新のシミュレーションソフトを使用して緻密に診査診断を行っています。

CT撮影では、顎の状態や骨の密度、神経や血管の位置などを知る事ができます。
いわば『お口の地図』を把握すること。
そして、インプラントの長さや太さ、埋める位置や角度をシミュレーションソフトを使用して、どのようなインプラントを使用するのが最適かを決定します。これは『航路』を決めるようなものです。

そして、シミュレーションデータをもとに、3Dプリンターによる『サージカルガイド』を作成します。
サージカルガイドとは、ドリルで穴をあける位置にドリルを固定するための穴があいたマウスピースのことで、インプラントを埋める位置や深さ、角度のズレをほぼなくすことができます。

手術当日はサージカルガイドを使用してオペをすすめていきます。
これは『自動操縦』を行うためのナビゲーターの役割をします。

サージカルガイドなしで手術する場合は、専用のドリルを使用することで、穴の深さをコントロールすることは可能です。しかし、角度のコントロールまでは難しく、歯科医師の技術と経験に左右されてしまいます。

人間の感覚(技術と経験)だけに頼らずインプラント治療の精度をさらに向上させるために、サージカルガイドを使用することがリスクマネージメントの考えだと思います。

もちろんコンピュータを過信しすぎてはいけません。
しかしコンピューターテクノロジーは最大限利用することは治療の向上につながります。

今や飛行機はコンピュータの塊だといえます。
しかし、操縦をするパイロットは膨大なコンピュータに囲まれていてもコンピュータを過信することなく、搭乗している乗客の安全のためにコンピュータ・テクノロジーを最大限利用して最善の操縦を自分の技術ある手で行っているに違いありません。

同じことが、インプラント治療にもいえると思います。
診査である『CT撮影』、診断である『コンピュータシミュレーション』、さらには3Dプリンターによる『サージカルガイド』を利用した手術(ガイディッドサージェリー)についても、コンピュータ・テクノロジーを最大限に利用しつつ細心の注意を払って、患者様に“安全”で“正確”で“確実”なインプラント治療を提供します。

シミュレーションソフトのメリット

レントゲン写真と比較してわかること

レントゲン写真 シミュレーションソフト
骨の高さ

△ 症例によって判断可能

○ 判断可能

骨の形態・断面

× 判断不可能

○ 判断可能

骨質

× 判断不能

○ 判断可能

シュミレーション

△ 大まかに可能

◎ 可能
インプラントの傾斜も可能

3D画像の表示

× できない

○ 判断可能

顎の骨の神経・空洞の表示

△ 症例によって判断可能

○ 判断可能

使用するインプラントの最適な長さや太さを正確に決定できる
インプラントを埋め込む最適な角度や位置が正確に決定できる
術前に何度でもシュミレーションが出来るので、手術本番では迷いなく的確な処置が行える
短時間で正確な手術が可能となり患者さんの負担が軽減できる
予知性の高い治療でリスクを低減

シミュレーションソフトを使用した治療の流れ

カウンセリング

お口の中の状態を診査させていただいて、手術の方法や費用、治療期間のカウンセリングを行います。

CT撮影

院内でCT撮影を行い、分析に必要なデータを収集します

シミュレーション

撮影したCTデータをインプラント専用の高精度解析ソフトで立体画像化します。
歯科医師がソフト上で、一人一人の患者さんそれぞれに最適なインプラント手術計画を決定致します。

実際のインプラント手術をPC上で再現し、必要な場合は歯科技工士とも連携をして、審美面と機能面の両方向からの回復をシミュレーションします。

サージカルガイドの作成

計画に従って安全・正確に手術を進めるために、3次元立体プリンターで「サージカルガイド」を作成します。
ドリルの着地点と角度を正確な方向に導き、またドリルがぶれないように保持するためのものです。

インプラント治療の最大のリスクであるドリリングの不具合が最小限に抑えられるので、安心して治療をお受けいただくことができます。

インプラント手術

シミュレーションをもとに作成したサージカルガイドを用いて手術を行います。
短時間で正確な処置を行う事ができて、患者様も楽に終わります。

人工の歯を作成・装着

インプラントと骨が結合したら、プラスチックでできた仮の歯をいれます。
そして問題がなければ、最終の素材で作り変えて装着していきます。

メインテナンスと定期検診

インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。
ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、3ヶ月~半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認することが大事です。

費用

シミュレーションシステムは自由診療です。
費用は103,500円です。

PAGETOP