セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、日本語では「第二の意見」と呼ばれるように、患者がある病気で診断を下された際に、診断結果やその後の治療方針や治療方法について、主治医以外の医師から意見を聞くことを言います。
主治医以外の意見を聞くことで、現在の治療が適切なのか、他に良い治療がないのかなど、患者がより納得のいく治療を受けることが可能になります。

例えば一人の医師が「抜歯しましょう」と言っても、他の医師は「抜歯せずに経過をみましょう」と判断することもあります。
どのような症状に対してどのような治療法を用いるかは、歯科医師それぞれの判断で決まります。
もちろん知識と考え方によって異なりますので、それは仕方のないことです。

歯科における治療法は種類が多いので、どの治療法が患者にとって最適なものであるか、判断できるのは医師のみです。
しかし、その判断が必ずしも正しいものであるかは、患者にはわかりません。
そんな漠然とした不安を解消するためにも、セカンドオピニオンは重要な役割を果たします。



アメリカをはじめ海外では一般的ですが、日本でも「より良い治療を受けたい」と思う患者が増えてきており、セカンドオピニオンを検討する人が急増しているようです。

例えばセカンドオピニオンを利用して他の歯医者に行ったら、担当医師と同じ治療方法を提案されたとしましょう。
「二人の専門医が同じ意見を言っているなら、その治療法が最適なのだろう」と安心できるはずです。
もし違った治療法を提案された場合は、どちらを選ぶかは患者の自由です。

大切なのはその治療を受ける側である自分自身が、納得できる治療方針であるかどうか、ということではないでしょうか。



セカンドオピニオンに相談したからといって、その歯医者で絶対治療をしなくてはいけないわけではありません。かかりつけの歯医者と治療法が同じであれば、戻れば良いのです。また、納得できる治療法であればそこでの治療を希望すればいいのです。最終的に治療方法を決定するのは自分自身です。

セカンドオピニオンは患者自身が自分にとって最適な治療法を知ることができる、大変重要なものなのです。
当院では積極的にセカンドオピニオンを受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

このような方が相談に来られます



  • 治療後の痛みが取れない
  • 治療がいつまでも終わらない
  • 抜歯と言われた歯を残したい
  • 入れ歯以外の治療法を知りたい
  • 何も症状はないのに虫歯といわれた
  • 定期検診に行っているのに虫歯が出来る
  • 歯周病の治療をしているが歯ぐきの腫れが治らない
  • インプラント治療を受けたが、うまく噛めずやり直しが必要と言われた
  • 長年通っている歯科医院では詳しく説明をしてくれない

費用

セカンドオピニオンは別の歯医者で治療を行うことではなく、ご相談を伺うことです。
診療を受けるわけではないので保険適用にはならず、費用は自費になります。
1時間1万円となっております。

メールや電話での治療相談は受け付けておりません。セカンドオピニオンの方は予約を取ってクリニックまで来ていただき、検査をした上で現在の状態や治療方法などを説明させていただいております。

PAGETOP