型取りの革命

 
当院では最新機器である3Dスキャナーを導入しています。
3Dスキャナーとは、お口の中に小さなカメラを入れ、歯を立体的に撮影することができる機器です。
 
従来の歯科治療では、粘土のような柔らかい材料を口の中に入れ歯型をとる必要がありました。
 
材料がお口の中で硬まるまで、患者様は我慢をする必要がありました。
息苦しかったり、嘔吐感(おえっとなりえずくこと)が出たりと辛いこともあります。
しかし、治療を行う上で『型取り』は省略することはできません。
 
そこで使用するのが3Dスキャナーです。
お口の中に小さなカメラを入れて撮影するだけなので、短い時間で終わります。休みながら撮影もで
きて息苦しいこともないですし、嘔吐感が出ることもありません。
 
快適なだけではなく、精度も非常に優れています。
従来の型取りには、術者の技術差や材料によって起こる模型のひずみなど避けられない誤差が生じま
す。つまり完全にお口の中の状態を再現できないということなのです。
しかし3Dスキャナーはそういったエラーがなく忠実に再現することが可能です。

4つの特徴

すぐ見れる

自分の今の歯の状態がその場でモニターに映し出され、見ることができます。
 

苦痛を軽減

従来の粘土の様な材料で型取りを行っていました。お口の中の大きな器具を入れたり、材料独特の
匂いがあったり、息苦しい、えずくなどと苦痛を感じる方もいらっしゃしました。
 
3Dスキャナーでは歯や歯ぐきを光照射するだけなので、とても楽に型取りができます。

《 従来の型取りの方法 》

粘土のような柔らかい材料を口の中に
入れて歯型をとっていました。
材料が固まるまでは動けません。

《 3Dスキャナー 》

歯に小さなカメラを添わせるだけで
スキャンが可能です。
途中で口を閉じて休憩することもできます。

 

正確で精密

従来は、歯の型をとったら、そこに石膏を流して模型を作ります。そしてロウソクの様な材料で詰め物を作ります。
それを溶かして金属に置き換え、模型に戻し、調整し詰め物を作っていました。
 
削った歯をいろんな材料に置き換える過程で、どうしても誤差が生じてきます。
 
スキャナーを使用した場合は、削った歯をそのままスキャンしコンピューター上で作成するため、誤差を非常に少なくなるのが特徴です。

従来

01 歯型をとる
02 模型を作る
03 ロウソクで詰め物を作る
04 ロウソクを金属に換える
05 模型で調整する

スキャナー

01 スキャンをする
02 コンピューターで設計する
03 3Dプリンターで詰め物を作成する

歯に入れる

従来

01 歯型をとる
02 模型を作る
03 ロウソクで詰め物を作る
04 ロウソクを金属に換える
05 模型で調整する

スキャナー

01 スキャンをする
02 コンピューターで設計する
03 3Dプリンターで詰め物を作成する

半永久保存

治療において、歯の情報が詰まった模型は重要な資料です。
従来であれば、模型は石膏で固めたものを保管しています。しかし、丁寧に扱っていても破損の恐れがあります。
 
また、多くの模型を製作しますので管理が難しく、必要な時に必要な模型を用意できなくなります。
 
3Dスキャン模型であれば、破損の恐れもなく管理も検索ひとつで見つけられますし、データ保存ですので半永久的に情報の保存が可能です。

PAGETOP
  • WEB初診予約
  • 定期検診専用予約