スタッフも常に拡大鏡を使用

当院では、より精密で正確な診療が行えるように特殊な診療用メガネである拡大鏡を、ドクター・歯科衛生士の全員が使用しています。
日本ではまだドクターも使用している医院は少なく、衛生士も全員使用しているところは稀です。
 
裸眼では見ることのできないはの細かい凹凸など様々なことがわかるので、精密度が要求される歯科治療を行う際にはとても有効です。

10倍率と大光量ライトによる明るい視野

《 10倍率のイメージ 》


 

《大光量ライトによる明るい視野》

拡大鏡を使う3つのメリット

見つけやすい

常にお口の中を見るときに拡大鏡をつけているので肉眼では見えない小さな虫歯や、歯ぐきの炎症、歯のひび割れなどの小さな変化を、いち早く見つけることができます。
 

痛くない

細い作業が可能になるので、無駄に歯を削らない、歯石や歯垢など必要ないものだけを取り除くなど歯への負担や痛みを極力軽減でき、必要最小限の治療ができます。
 

正確

ライトを照らして奥までしっかり見えるので、被せ物もピタッと精密に合わせることができる、診査も正確な数値を測定することができます。
 
歯科治療は様々な角度からお口の中を覗き込む必要性があり、自分の視線を一体化したメガネタイプの拡大鏡は大きな戦力になります。たまに、拡大鏡を外して治療をしようとすると裸眼での治療には限界があることを実感します。
確実な治療を行うために拡大鏡は本当に効果の高いものです。
 
よく見えることで『見逃す』ことがなくなり『必要最小限の治療で済む』という結果に繋がります。

PAGETOP