世界屈指の技工レベル

歯科技工士という職業をご存じでしょうか。
歯科技工(入れ歯や、歯の詰め物やかぶせを作ること)の専門家のことです。
 
戦前の歯科医療は、歯を抜いて、あとに入れ歯を入れるのが主流でした。
また当時は、歯科治療を受ける患者さんも限られており、入れ歯もほとんど歯科医師自身が作っていました。
 
戦後、社会保険制度の充実により、歯科を訪れる患者さんが飛躍的に増加しました。
そのため、歯科技工を歯科技工師に委託することも多くなりました。そして昭和三十年、歯科技工士法という法律が制定されて資格が定められ、歯科技工士が誕生しました。
 
戦後の高度成長とともに、歯科の医療技術が進歩するに従って歯科技工士の業務も高度化し、ますます専門化してきました。そして毎年のように新しい材料技術が開発されています。
 
世界屈指の技工レベル
 
私たちは「もの」ではなく、「健康」を提供しています。
だから歯科技工士の作る技工物は、単なる「もの」ではなく、生体と調和した人工臓器なのです。
そのため歯科技工士は、解剖学や生理学などの医学、また金属学やセラミックなどの無機化学、レジンなどの有機化学にも精通しなければならず、大変知的な職業といえます。
 
また、近年のコンピューターテクノロジーにより多くの技工物がコンピューターで製作できるようになりました。しかし、コンピューターによる全ての具現化は不可能です。
人の手だけにしかできない匠の技が活きてくるのです。
 
当院では世界の注目を浴びる、卓越した技を持った歯科技工士に製作をお願いしています。
彼らの豊富な経験と治療分析データを元に綿密な治療プランニングを行い、患者様おひとりおひとりに合った歯を具現化していきます。
 
歯科医療は歯科医師だけでは何もできません。その道のプロフェッショナルとタッグを組んで患者様に最高の治療を提供しています。
 
制作例 case

case01
beforcase01-1
aftercase01-2

 


case01
beforcase02-1
aftercase02-1

 


case01
beforcase02-1
aftercase02-1

 

技工士常駐の院内技工

院内に歯科技工士が常駐しているのは全歯科医院の11%です。
 
多くの歯科医院は詰め物やカブセ物、入れ歯などは外注で作成しています。外で作られたものを、患者様の口の中に入れます。実際入れてみたら合わなかった・・・ということもあります。
その場合は、また外注先に一旦返して、後日再度来院いただき調整したものを合わせていくという結果になります。
 
当院では完成度を高めるために院内でも歯科技工士が常駐しています。
院内に最新の設備も備えた技工所もあり、整った環境のもとで繊細な調整もその場ですぐに対応することが可能です。
 
また、前述の技工士のスペシャリストとも連携が取れやすい環境です。
やはり技工士同士しか分からないこともありますし、コミュニケーションがスムーズに取れてより良いものが完成します。
 
技工士常駐の院内技工
 
当院では、歯科技工士が患者様と話すことや、治療を見ること、自分の作った「歯」を確認することは、日常的に行われています。やはり、歯科技工士も人間です。
一人一人の患者様に思い入れがあり、それを使っているところを身近に感じることにより、驚くほど完成度の高い物をつくることが出来ます。

院内技工所があることのメリット

より機能的に

技工物はとても小さくて精密なものです。少し形態が違うだけで、お口の中に入れると患者様は見た目にも使用感にも違和感を感じます。
患者様のお口にピッタリとなじむ物を作るには、患者様のお口の中をよく知る歯科医師と実際に作成する歯科技工士の情報交換が必須です。
院内技工所があることのメリット1院内技工所があることのメリット2

業者に外注すると、お互いが離れた場所で仕事をしているため、細やかなステップでの情報交換ができません。
 
院内に歯科技工士が常駐している歯科医院では、実際の模型を見ながらの情報交換が常に可能になります
よって、頻繁に患者様の状態を確認出来るので、より精密で機能的な技工物を作ることができるのです。

より美しく

歯は白一色ではありません。色の濃さがあり、歯の中に微妙な色があります。驚くかもしれませんが、歯の中をよく見ると、ピンクやオレンジ、ブルーなどの色が隠れているのです。その細やかな色が一致して、一つのきれいな歯になります。
 
私たちはその色を写真に撮りますが、フラッシュなどの影響により、それらの色がうまく写真に表示されないというのが私たちの業界では常識です。いくらカメラの質を上げても、いいカメラマンに撮ってもらっても、やはり人間の目には勝てません。
 
より美しく
 
歯科技工士が常駐している当院では、実際に歯科技工士が患者様の歯を見て写真を撮り、時にはデッサンを作って細かく調整することによって、間近で見ても分からない色彩に仕上げることが出来ます。

より精密に

歯科技工に関してももちろん治療と同じように『正しく、長持ちする物作り、最新の知識と設備』をコンセプトにしています。
技工士は高いクオリティを維持するため、常に勉強し様々な資格を取得しています。

より精密に 認定証

院内技工士松村が取得した修了証です。
審美分野で最高レベルの研修施設で技術を磨き、試験に合格した者だけに与えられる賞状です。

また、デジタル歯科技工の設備など最新の機材も積極的に取り入れています。機械と歯科技工士の技術を組み合わせることによって、精密な歯科技工物を提供することができます。
 
より精密に デジタル技工1
 
より精密に デジタル技工2
 
当院ではあなたの大事な歯を作る専属の歯科技工士がいます。
 
また、患者さまの体の一部になる歯科技工物の材料や金属類は薬事法の許可を受けた高品質かつ安全な材料のみを使用しておりますのでご安心ください。

PAGETOP