口の中の傷は包帯できない

口の中の傷は包帯をする事ができません。その為、傷がむき出しの状態で治るまで待たないといけません。
当然、「痛い」です。
この状態で、味噌汁や醤油がかかったらどうでしょうか?
包帯をしていない方は当然、「痛い」です。
このようにならない為に、当院では傷口に「傷を治す細胞」を濃縮したものを入れて保護をします。  
これがPRGFです

骨がむき出しの状態

PRGFで保護された状態

血液を使った再生テクノロジー

PRGF とはCE認証(ヨーロッパ)やFDA証明(アメリカ)を取得し、歯周組織再生テクニックとして
世界中で認められ、広く受け入れられている最先端技術です。
 
私たちの血液には、傷の治りを早くする血小板が含まれています。
PRGFは血小板を含む幹細胞を抽出し、ゲル状のものを傷口に入れて骨や歯ぐきを再生する新しい治療法です。PRGFには傷を劇的に治す効果が備わっています。
 
現在では歯科領域での骨造成だけにとどまらず、アスリートを対象にしたスポーツ医学やアンチエイジングを目指した美容整形の領域までその応用が広がり、ますます期待される最先端技術となっております。

PRGFのメリット

腫れや痛みの軽減

PRGFを使用した方は腫れや痛みが軽減されるため、痛み止めを服用する頻度が格段に少ないです。
そのためご自宅に帰ってからも安心です。
 
実際に、PRGFを使用しなかった患者様は、2,3日後に痛み止めの追加をもらいに来院されます。PRGFを使用した患者様は手術後に1,2回痛み止めを飲む程度で終わっている方がほとんどです。
 

 

異物の侵入を防止

抜歯した後は歯ぐきに穴が開きます。そのままだと食べカスが入って痛や腫れが出たり、神経を傷つけてしまう恐れがあります。
PRGFは穴の開いた歯ぐきに蓋をする役目がありますので、異物の侵入を防止します。
 

治癒スピードを速める

PRGFには傷を早く治す効果があります。通常の2~3倍のスピードで治ります。
 

副作用の心配がない

ご自身の血液を使ってPRGFをつくるので、アレルギーや副作用の確率はほぼありません。非常に安全性が高く安心です。

PRGFの流れ

前日の注意事項

 
PRGF処置前日は飲酒はお控えください。その他は特に準備することはありません。

 

治療開始1時間前にご来院ください

 
PRGFに使用する血液は処置当日に採取します。
治療開始1時間前にご来院していただき、静脈より40cc程度採血します。
血液検査と同じくらいと思っていただいて大丈夫です。採血は5分ほどで終了します
 

 

治療開始時間までお待ち下さい。

 
採血後は、血液から血小板を抽出する時間がかかりますので、治療開始時間まで待合室でお待ちいただくか、外出していただいても構いません。(約50分)
 

 

お席にご案内します

 
いつもの治療と同じようにお席にご案内します。その際にはPRGFのご準備は整っておりますので安心して処置を受けていただけます。

PRGFの効果と患者様の声

現在では、歯科領域での再生医療だけにとどまらず、アスリートを対象にしたスポーツ医学をはじめとして整形外科の領域までその応用が広がり、ますます期待されていくテクニックとなっております。
 
スペインの有名なテニスプレーヤー、ラファエロ・ナダル選手をご存じでしょうか?
ナダル選手は2012年に膝を故障し、ツアーから離脱していました。その治療にPRGFを使用しています。
PRGFを使用した治療リハビリの結果、7ヶ月のスピード復帰をし、現在もトッププロとして活躍中です。
 

実際にPRGFをされた患者様の声


費用

PRGFは自由診療です。
費用は30,000円です。

PAGETOP