口内炎

たかが口内炎されど口内炎

誰でも一度はなったことがある口内炎。
お口の中のいろんなところにできて、食事の時にあたって痛かったりしみたりして辛いものです。
そんな口内炎歯科医院で治療できるのご存じですか?

口内炎にはさまざまな種類と原因があって、ほとんどは1~2週間で自然に治りますが、症状によっては悪性化して口腔ガンになるものもあります。

当院のDr.は口腔ガンの研究をおこなっており豊富な知識と経験がありますのでご相談ください。

口内炎の種類と症状

アフタ性口内炎

口内炎の中でもっとも多いものです。
白い楕円形の潰瘍ができ、飲み物や食べ物を口に入れるとしみたり、痛みがあったりします。
風邪を引いた時や疲れている時、胃腸の調子が悪い時など体調がよくない時に起こりやすいです。
通常は1週間~10日程度で自然に治りますが、何度も繰り返し起こることもあります。

カタル性口内炎

これは潰瘍ができることはなく、口の中の粘膜が全体的にただれたようになる口内炎です。
白くただれてしまったり、赤い炎症や斑点、水泡、ひび割れなどの症状がみられるがあったりさまざまな症状があります。
刺激のある食べ物がしみたり、ヒリヒリした痛みを感じやすくなるのも特徴です。

ウィルス性口内炎

これはエンテロウィルスや単純ヘルペスなどによるウィルス感染が原因で発症する口内炎です。
強い痛みがあり、赤く腫れ小さな水疱ができます。
乳幼児や高齢者、体調不良による免疫力低下によって起きやすく、高熱が出ることもあります。

カンジダ性口内炎

口の中でカンジダというカビ(真菌)が過剰に増えて発症する口内炎です。
健康な人が発症する事はあまりなく、糖尿病や血液の疾患、ガンなど他の病気を患っていたり、乳幼児や高齢者妊婦など体力や抵抗力が弱い場合にかかることがあります。
また、ステロイド剤や抗生物質を長期間にわたって服用することによって発症する場合もあります。
白い苔のような膜ができたり血が出たり、痛んだりします。

咬傷

お口の中の粘膜を噛んでしまい起こる口内炎です。
傷にウィルスや細菌が感染し痛みや腫れが起きることもありますが、1週間程度で自然治癒する場合が多いです。
ただし、何度も同じ箇所に起きる場合は噛み合わせや、詰め物・被せ物の異常などなんらかの問題があることが多いです。
傷を繰り返すと悪性化することがあるので早めの受診をおすすめします。

口内炎の治療

レーザー治療

レーザーを使って口内炎が起きているところに光を照射し治療します。
痛みはほとんどなく、消炎・鎮痛・殺菌効果があります。

レーザー照射は細胞組織を活性化させるため効果の高い治療法です。
時間も数分で終わります。

Before

レーザー照射直後

After

≪ 口内炎レーザー治療の動画 ≫

クリックして動画を再生

病理検査

必要な場合は、細胞を一部採取して病理診断を行います。
良性か悪性かなど病変の種類が分かります。

外傷の処置

歯が欠けていてお口に粘膜にあたっている、噛み合わせが悪くなっていて同じところを繰り返し噛んでしまう入れ歯がおなじところばかり当たって口内炎が出来ているような場合は、その原因を取り除く必要があります。
当院では正しい診断で原因究明し、しっかりと治療を行っています。

薬の塗布・服用

口内炎の状態に合わせて、塗り薬や飲み薬,うがい薬の処方を致します。

口内炎が痛くて辛い・・・我慢せずに一度ご相談にいらしてください。
痛みが大きく軽減されたり、早く治ったり、口内炎だけではない他の原因が早期発見することもできます。

PAGETOP