口腔外科

 

 
口腔外科とは、口の中の手術や腫瘍、親知らずの治療等を専門的に行います。当院で最も得意とする分野です。

以下のような患者様はご相談ください。

・親知らずや埋まっている歯の抜歯
・骨の増生、移植など
・歯ぐきのできもの
・口内炎
・顎関節症
・歯の移植
・その他、口やその周囲の手術
 
 

院長から患者様へ

 
私は口腔外科を専門としており、徳島大学病院、神戸大学病院に勤務をしてきました。
主に癌の治療や親知らずの抜歯、骨折などの治療を行いながら、研修医の指導もしてきました。

現在は歯周治療を専門にしておりますが、矯正歯科医院から紹介された患者様の手術もたくさん受けております。

そのような患者様から、「大学病院や大きな病院と何が違うのか?」という質問をよく受けます。

私が患者様にお伝えしたいのは、同じ手術ならばより高度に、大学病院では使えないノウハウを生かしてより痛くなく、腫れないように、そしてより良い結果がでるように志しております。

治療を受けられた患者様やご紹介頂いた先生に「大学病院と同じ治療ですね」と言われないように、様々な工夫や努力をしております。
 
 

当院の口腔外科治療の特徴

 
【実際に大学病院にて5年以上勤務したDr.】
口腔外科は「外来」「病棟」「麻酔科勤務」と、最低4年以上の専門的トレーニングをしなければ習得できない特殊な専門分野です。

これは大学病院などの専門の施設でしかトレーニングをすることが出来ません。そして、1,2年研修をしたぐらいでは、「こういう治療があるんだな」という程度の認識で終わってしまいます。

つまり、口腔外科を専門に掲げるならば、長年の経験が必要不可欠です。

当院では5年以上大学病院にて実際に勤務し、研修医などの指導を行ってきたDr.が診察にあたります。


【口腔外科手術をより高いレベルへ】
口腔外科というと、大学病院や市中病院の口腔外科が思い浮かびます。

当院も口腔外科を専門分野に掲げていますが、大学病院や市中病院と同じレベルの治療をしていてはいけません。大学病院などではできないような高度な治療を目指しています。

そういった治療をするなら、目に見える良い結果を出さなければなりません。

当院では良い結果を出す為に、様々なノウハウを使い工夫を行っています。


 
 
 

設備

 
当院では口腔外科手術を行うにあたり、様々な設備を整えています。

どのような技術があっても、道具がなければできません。また、道具がない為に結果が出ないと言うことはとても残念な事です。

現在、口腔外科施設で必要とされている設備はほぼ揃えて治療にあたっています。

①CT


当院では、クリニックでは採用の少ない歯科用CTを用意しています。

レントゲンと違いCTは、立体的に歯を撮影することができるため、レントゲンでは隠れてしまっている部位も鮮明に映し出すことができます。

レントゲンでは捉えきれない歯の状態を知る時に使用します。

②手術室


当院では手術専用の手術室を完備しております。

外来で行う小手術を 安全に行う為に様々な工夫を施した専用室になっております。

口腔外科小手術からインプラント手術まですべての手術を安全に 行えるように設計されています。

③点滴


手術を安全に行う為に、点滴設備を揃えております。

手術の前に抗菌剤の点滴をする事は、感染予防に絶大な効果があります。

また、全身麻酔時や糖尿病、高血圧の患者様が安全に手術を行えるように 様々な薬剤を準備しております。

④レーザー


エレビウムヤグレーザーは、簡単に説明すると水を爆発させるレーザーです。

このレーザーによって、ばい菌の体の中を爆発させ、細菌を死滅させることができます。


CO2レーザー

気体の二酸化炭素(炭酸ガス)を媒質にしたレーザーです。

タンパク質を蒸散、凝固、歯茎の色を綺麗にします。 また、傷の治癒を早めたりする作用があります。

出血をさせずに歯茎を切ることができるのも大きな特徴です。

⑤PRGF


PRGFはご自身の血液中の血小板を含む幹細胞を抽出し、 傷口に入れて骨や歯ぐきを再生させる最新の再生治療です。

歯科だけでなく、スポーツ医学でも使われており、世界の アスリート達が怪我の治療にも使用しています。

PRGFを使用することによって、傷の治りを早くしたり、 痛みを軽減させるという効果があります。
 
 
 
 

有病者の治療

 
近年、様々なご病気を持たれている患者様がおられます。

糖尿病、高血圧、心臓病。また骨粗鬆症のお薬を飲まれている方と、様々な患者様がいらっしゃいます。

当院で診療にあたっているDr.は、歯科麻酔科、医科麻酔科にて全身麻酔を担当していました。様々な病気を実際に治療していたDr.だからこそ分かる細かな治療のやり方が存在します。

ご病気を持たれている患者様の治療は、普通の歯科の知識だけでは非常に危険を伴います。

ご自身がご病気にかかられて不安をお持ちの患者様は、ぜひ一度ご相談ください。