歯周病は治せる病気です

歯周病を治療しても治らない。定期的にクリーニングをしているのに良くならない、歯が抜ける。定期的に歯ぐきが腫れるが、歯医者に行っても消毒など、簡単な治療しかしてもらえない。

そしてしばらくすると、また腫れる。歯が抜けるのは、「年齢のせい」と言われてしまう。

こんな経験をされている方はいらっしゃいませんか?当院に来られる患者様が最初に言われることです。 では、なぜ治らないのでしょうか。
 
 
syousai
 

歯周病とは?

「歯ぐきが腫れて、骨が溶けて、歯が抜ける病気です」 つまり歯周病とは、骨の病気です。


歯周病は痛みなどの症状がないまま進行していくため、ほとんどの人が自覚することができません。

しかし、実際は日本人の成人の約8割は歯周病、もしくはその予備軍であると言われています。

進行すると歯ぐきが腫れたり出血するため、「歯周病=歯ぐきの病気」だと思われがちですが、実は歯周病は「骨の病気」です。

悪化すると顎の骨が溶かされ、歯がグラつき、やがて抜け落ちてしまう恐ろしい病気であるということを、ぜひご認識ください。
 
 
 
 
 
 

歯周病チェックシート

 
 

歯周病の診断

 
 

歯と歯ぐきの間の長さが4mm以上は病気です。4mm以上になると歯ブラシで掃除をすることができません。 結果、汚れが取れずに歯ぐきの中で腐ってしまい、骨を溶かします。
 
 
 
 

歯周病の原因

感染

汚れやバクテリアによる感染。


 

歯を磨けない環境

深い歯周ポケット(歯と歯茎の溝)

このように深い歯周ポケットがあると、どんなに細い歯ブラシも決して底の底なでは届きません
 
  
 
 
 
 
 
 
 

過剰な力

全体にバランスよく噛む必要があります。
1カ所だけで強く噛んでいたり、左右どちらかの歯がないと片方でばかり噛んでしまいます。


 
 
 

歯周病治療のゴール

歯と歯ぐきの間の深さが3mm以内

 

 

歯と歯ぐきの間から膿や血が出ない

 

 

全体的にまんべんなく噛める状態

 

 

ご自身で磨けない場所がない

 

 
 
 
 

実際の歯周病治療

 

①歯磨き

歯周病治療とは、歯科医院で薬を塗ってもらう、掃除してもらうと思っている患者様が多いのですが、実際には違います。食べ物は24時間でネチャネチャのプラークへ、72時間で歯石に変わります。

歯石は歯科医院でしか除去できません。つまり72時間に一回のペースで歯科医院に行ってクリーニングをしなければならないのです。

しかし、そんなことは不可能です。よって、患者様にはご自身で歯を磨いていただかなければなりません。でも「歯を磨いている」という方はたくさんいらっしゃいます。

プラークは白く、歯も白いため、磨けていなくてもご自分では気がつかないのです。当院ではプラークを赤く染めて分かりやすくし、歯を磨いていただきます。

患者様は夜、寝る前に染色液というプラークが染まるお薬で歯を染め、色のついているところの汚れを落としていただくだけでいいのです。
 

歯周病治療は、磨き残しが歯全体の20%以下になってから治療を行います。
 
 

②歯周初期治療

歯ぐきの上の汚れが全て取れた患者様は、次は歯ぐきの下の歯石を除去します。よく歯医者さんで「歯石を取りますね」と言われて1時間くらい機械で掃除をするのは、歯ぐきの上の汚れを取っているにすぎません。

しかし、実際に「歯周病の原因」となるのは「歯ぐきの下の歯石」です。歯ぐきの下の歯石は、専門の歯科衛生士が拡大鏡をつけ、ライトで照らしながら手作業で行わなければなりません。また、場合によっては麻酔も必要です。

1回に掃除できる範囲は7本くらいが限界です。よって、お口の中全てを大掃除するには、4〜6回かかります。
 

 

③精密検査

初期治療が終わった患者様は、歯周病が治っているのか、さらなる治療に進むのかを精密検査にて判断します。

精密検査の内容

・歯周ポケットの深さ

 

 

・骨のレントゲン

 

 

・写真

 

 

・CT(必要時)

 

 

④ 歯周ポケット除去治療

 

 
歯周ポケットを除去し、健康な歯ぐきにします。
 

・再生療法

 

 
再生療法は、歯周病により腐って溶けてしまった骨を再生させる事ができる治療です。今まで抜歯するしか治療方法がなかった歯を再生させ、咬めるようにすることが出来るようになりました。 当院で最も力を入れている治療です。
 

・歯周病菌をDNAで検査

 
歯をぴかぴかに磨いているのに、歯医者さんで歯周病治療をしているのに、歯周病が治らない。そんな患者様は、特別な歯周病菌が原因かもしれません。

Porphoynomonas gingivalis (P.g菌)
・Tannerella forsythensis (T.f菌)
・Treponema denticola(T.d菌)
・Actinobacillus actinomycetemcomitans(A.a菌)
この4種類の菌がいる患者様は、通常の歯周病治療だけでは治療することが困難です。 まずは歯周病の基本的な治療を行います。

その後歯周病菌のDNAを検査し、適切な抗菌薬を使用した治療が必要になります。
 
 

・歯周病菌へのレーザー治療

歯周病はばい菌(細菌)により、骨や歯茎を腐らせる病気です。
治療の主な目的は歯周病菌の殺菌になります。
エレビウムヤグレーザーは簡単に説明すると水を爆発させるレーザーです。
このレーザーによってばい菌や歯周病菌を爆発させ、死滅させることができます。