正しい歯周病治療

正しい歯周病治療とはどういう治療なのでしょうか?
当院には歯周病で悩まれるたくさんの患者様が、様々な理由で来られます。
 
■歯周病治療で通院してるが、いつまでたっても直らない
■もう歯を抜くしか無いと言われたので、セカンドオピニオンを聞かせてほしい
■歯周組織再生医療をして、抜かないといけない歯を助けてほしい
■歯茎が腫れては治りを繰り返している

 
ホームページで「歯周病」を検索すると、1010000件(2016/05/22現在)のホームページが見つかります。そのページを見てみると、、
 
●重度の歯周病でも抜かずに完治、、
●歯周病菌を特定し、元から絶ちます。
●累計販売700万本!初回限定歯ブラシ!!返金保証!
●極細毛が歯周ポケットの奥まで、、
●本気で歯周病から復活する為の有効グッツ、、
●何故か、、「インプラント説明会、、、」

様々な情報があふれています。

では本当に正しい情報は何なのでしょうか???
重度歯周病は治るのでしょうか? 特殊な歯ブラシで治るのでしょうか? 歯茎に軟膏を塗ればなおるのでしょうか??
このページには、できるだけ科学的根拠のある事(論文に発表されている)をまとめたいと思います。
少し長くなりますが、まずは正しい歯周病の知識を知って頂き、正しい治療を受けていただく為に是非最後までお読み頂ければと思います。
そして、一人でも多くの患者様が「正しい歯周病治療」を受けて頂く事を目的に書かせて頂きます。
 

歯周病とは?

歯周病は、バクテリア(細菌)が感染を起こす病気です。これが原因です。

という事は、バクテリアを駆除してあげるとこの病気は治ります。
しかし、その駆除がとても難しいのです。

どんな薬を飲んでも、どんな消毒液で消毒をしても、口の中のバクテリアを0にする事は不可能と言われています。
ではどのようにして歯周病は治すのでしょうか?

「バクテリアの量を少ない量に保つ」これが歯周病を治す方法なのです。

ではどのようにして、「歯周病菌を少なく保つ」のでしょうか?
今まで当院に来られた患者様から伺った様々な治療法をあげてみます。

・特殊なうがい薬で毎日うがいをする。
これでは、効果はありません!!何故なら、歯周病にうがい薬が届かないからです。
歯周病菌は酸素が届かない歯茎の底の底に存在しています。そこで、歯垢(プラーク)と言う家の中に隠れて身を守っています。
酸素が届かないような所に、数分間口に含んだ消毒液が染みこむでしょうか?
薬の濃度を上げれば届くかもしれませんが、そのような薬を口に含むと、口の粘膜がただれてしまうでしょう。
「うがい薬だけで歯周病が治る!!」そのような上手い話はありえません。

・抗生物質(ばい菌を殺す薬)を服用する
これには一時的な効果があります。しかし一時的なもので、長期間の効果はありません。
何故なら、抗生物質を長期間服用すると「耐性菌(抗生物質の効かない菌」が生まれます。
その為、薬を服用しても効果は一時的。どれだけ上手くいっても半年が限界だと言われています。

・歯茎に軟膏を塗る
これは全くお勧めできません。何故なら、歯茎が腫れるのは、歯周病菌が歯茎の奥深くで「炎症」を起こしているからです。
歯茎に軟膏を塗るのは「腫れている歯茎を腫れ止めで押さえている」だけなのです。

例えれば、インフルエンザで熱がでたとします。解熱剤を飲んでインフルエンザは治るでしょうか??
インフルエンザを治す為には、「インフルエンザを殺す薬」を飲むか、体の免疫(白血球)がインフルエンザウイルスを殺してくれるまで治りません。
要するに「原因」に対する治療ではなく、「歯茎が腫れたと言う症状」に対する治療なのです。
これでは意味がありません。症状を無理矢理抑える事により、気がつかない所で歯周病はどんどん進行していくでしょう。

では、どのようにして歯周病を治すのでしょうか??
唯一の方法は「毎日の歯ブラシ」なのです。
歯ブラシを使用し、機械的に歯周病菌の家を破壊し、洗い流すしか方法はありません。
これが歯周病を治す唯一の方法なのです。

待ってください。ここからがとても重要です。

毎日、正しく歯を磨いていれば、歯周病は治るのでしょうか???
残念ながらそれだけでは治らない人がたくさんいます。
毎日、正しく歯磨きをして歯周病が治る人は「歯周病の初期」の方だけなのです。

先ほど、言いましたように、歯周病菌は歯茎の奥底に存在しています。
歯茎には「歯周ポケット」という「溝」が存在しています。その溝の奥底に歯周病菌が存在しているのです。
毛先の細い歯ブラシで、その溝を磨いてもせいぜい3ミリ程度しか届きません。
歯周病の患者様の歯周ポケット(溝)は4ミリ以上あります。重度では10ミリ以上あります。
4ミリ以上の歯周ポケットが存在している人は、いくら歯を磨いても治らないのです。

ここで登場するのが、「歯医者さん」なのです。
我々歯科医師は、歯茎の溝を様々な方法で除去する事ができます。
歯周ポケットを3ミリ以内にし、毎日歯を磨いてもらう事により、歯周病を治すことができるのです。