骨が少なくてインプラント できないと言われた方へ

骨は作れる

インプラント治療を受けるためには、いくつかの条件が整っている必要があります。
その中でも重要な条件のひとつが、『十分な量の骨』があることです。

従来は骨の厚みが無かったり形が悪いと、インプラントを埋めても骨がないと支えきれないので治療ができないことがありました。

しかし近年は様々な方法により骨を作ることができます。

もし、『骨が足りないからインプラント治療ができない』と言われたら、それはできないのではなくその術者は骨を作りインプラント治療をする知識と技術をもっていないのかもしれません。

当院には高度な技術と知識をもったドクターがおりますのでご相談ください。

骨の移植方法

骨が適切な状態にインプラントを植立してこそ、長期安定が望めます。
骨を造る方法には種類があり、適切な方法を選択して行います。

GBR法(骨再生誘導法)

GBR(Guided Bone Regeneration)法とは、骨を造りたい場所に骨を造るのを手助けする材料を入れて骨が出来上がるのを待つ治療法です。
インプラントを固定するあごの骨の高さや幅が不足している場合に行います。


 歯を支える骨が足りない状態


このままインプラントを埋めても
支えがなくて抜けてしまいます

GBR法(骨再生誘導法)の術式


歯を支える骨が足りない状態


歯ぐきを開きます


人口骨を足します


人工骨を膜で覆います


歯ぐきを閉じて治癒を待つ


インプラントが入った状態骨がしっかり支えています

GBR法(骨再生誘導法)の術式


歯を支える骨が足りない状態


歯ぐきを開きます


人口骨を足します


人工骨を膜で覆います


歯ぐきを閉じて治癒を待つ


インプラントが入った状態骨がしっかり支えています

ソケットリフト

上顎骨の上の部分には、上顎洞と言って、頭蓋骨の中に穴の開いた部分(空洞)があります。
通常のインプラントは、上顎洞の下の部分に埋め込むわけですが、そこの骨が足りない場合があります。
そういう時に、上顎洞を持ち上げて、インプラントを埋め込む手術方法のひとつです。


上顎の骨の厚みが足りない状態です

このままインプラントを埋めると突き抜けてしまい上顎洞炎などの重篤なトラブルが起こります

専用の器具で上顎洞にある粘膜を下から押し上げてスペースを作っていきます

粘膜を押し上げられてできたスペースに、骨の材料になるものを補填します。

必要な骨の厚みを確保する事ができ、インプラントをしっかり支える事ができます。

治療前後で比較するとこのようになります。

サイナスリフト

サイナスリフトはソケットリフトと同様に上顎洞を持ち上げて、骨を足す処置です。
広範囲に骨が少ない時に行います。
ソケットリフトとの違いは骨の入れ方が異なります。

サイナスリフト

ソケットリフト

いずれも骨を作る処置は治癒に3~6ヶ月ほどかかります。
どういった方法で補っていくかは診査・診察をうけていただいて、相談しながら決めていきます。

症例

CASE 70代 女性

右上の歯が噛むと違和感があるという症状で来院されました。
診査診断した結果、奥から3番目の歯は、以前の歯科医院での治療を正しく行われておらず状態が悪くなっていました。
そしてこのまま残すのは不可能で抜歯という診断でした。

初診時の写真

初診時のレントゲン写真

歯を抜いた後、なくなったところをどうするかで3つの方法を提案しました。

①両隣の歯を削ってブリッジにする。

メリット

安価

デメリット

長持ちしない。両隣の歯に負担がかかり再治療になる

②部分入れ歯

メリット

安価

デメリット

長持ちしない。両隣の歯に負担がかかり再治療になる噛みくい。取り外しが面倒。

①インプラント

メリット

自分の歯と同じように噛める。再治療の心配がない。

デメリット

高価。外科処置が必要。治療に時間がかかる

患者様は一旦考えたいとのことで、まずは抜歯の治療を行いました。

処置を行うと、この歯の根は完全に腐って黒くなっていました。

抜歯後、患者様はインプラントを選択。
CTを撮影し精密検査を行いました。
抜いた歯はかなり状態が悪かったので、その周りの歯を支えている骨がかなり減ってしまっていました。

そして骨が減ってしまっているために両隣の歯もこのまま残すのは厳しいと判断しました。

患者様とはじっくりカウンセリングを行い治療についての説明をしました。
結果、両隣の歯を抜き、骨を増やす処置とインプラントを入れることになりました。

抜歯後

インプラント・骨を足す処置

インプラントを入れた後

人工の歯を装着

Before

After

費用

骨を作る治療は自由診療です。
◾ GBR法 ー 103,500円
◾ ソケットリフト ー 103,500円
◾ サイナスリフト ー 206,500円

PAGETOP